銀行系カードローン専業主婦

信用性の高い銀行系カードローンの場合であっても、
専業主婦がカードローンを申請することは出来ます。
この理由は二つあります。

担保・保証人不要

まず、そもそも銀行系カードローンは融資の相手に対して
担保や保証人を求めていないということです。

基本的に無担保でお金を借りることが出来るのが
こうしたローンの特徴ですので、融資の相手が専業主婦であっても
全く問題ないようになっています。

配偶者に収入があればOK

そして、二つ目の理由は銀行系カードローンに対して設定される規制の問題です。
この規制の事を総量規制と言います。
総量規制というのは、消費者の年収の三分の一を超えた融資を
してはいけないという規制の事を言い、一見すれば消費者や
金融機関を縛るための法律に見えますが、実は全く違うのです。

総量規制というのは、年収がほんの少しでもあれば
お金を貸すことが出来る規制の事を言いますので、
生活をしている上で収入源が存在しているとそこから考えて、
三分の一以上の融資はもらえることになっているのです。

専業主婦は立場上では夫の配偶者の立場にありますので、
手元に全くお金がないということはありえません。
実際、夫と妻の財産は共有財産になっていますので、
大手の銀行系カードローン会社のホームページを見ても、
専業主婦がカードローンでお金を借りることが出来るということが明記されています。

つまり、融資をしている金融機関が専業主婦を認めているわけです。
このような理由で、たとえ信用性の高いカードローンであっても
気軽に審査を受けることができるのです。

COPYRIGHT© 2014 銀行でお金を借りる ALL RIGHTS RESERVED.