融資返済シュミレーション

融資を受けたときは利息を付けて返済することになります。
金融機関にもよりますが、返済方法には元金均等返済や元利均等返済、
残高スライドリボルビング式などいろいろあります。

元利均等返済

元利均等返済は元金と利息を合わせた、毎月の返済額が同じに調整されます。
毎月同じ返済額なので分かりやすい、
返済プランを立てやすいのがメリットです。
元金均等返済は元金を毎月同じ額に調整して、それに利息を付けて返済していきます。
利息の計算が変わるので、それに合わせて毎月の返済額も変わります。

元金均等返済のほうが最初の返済額が多いですが
最終的な利息の支払いは少なくなるのがメリットです。

残高スライドリボルビング式

残高スライドリボルビング式では借入残高に応じて毎月の返済額が変わります。
毎月最小返済額以上なら自由に返済額を決められるのがメリットです。
元金均等返済や元利均等返済、残高スライドリボルビング式で
毎月の返済額や返済期間を計算するのはとても難しいです。

融資返済シミュレーションが金融機関のホームページにご用意されていることが多いです。
自動で毎月の返済額や返済期間が出てきますのでとても簡単です。

毎月の返済額は給料の2~3割以下までと決めると、無理なく返済が出来ると言われています。
店員さんに言われるままにご利用していると後で返済が大変になるかもしれません。

もし返済が出来なくなり延滞を続けていると遅延損害金が掛かりかねません。
ご自身で融資返済シミュレーションを行い、
きちんと無理のない返済プランを立てましょう。

COPYRIGHT© 2014 銀行でお金を借りる ALL RIGHTS RESERVED.