銀行カードローン総量規制対象外に関するお話

借金をする人というのは一般的に個人の能力以上の
お金を使ってしまうタイプの人であることが多いです。
従来はその様に収入がなくてもお金を借りることが出来てしまう仕組みが
存在していたため様々な問題が発生していました。
そのような社会背景から生まれてきたのが
貸金業法に定められる総量規制という考え方です。

総量規制について

総量規制とは、個人の借入れの総額が原則として年収の3分の1までに
制限される仕組みを言います。
これにより大きな借金が出来なくなってしまったのです。
しかしこの法律には抜け道のようなものが存在しています。

銀行カードローン総量規制対象外という言葉を見たことがある人は
多いかもしれません。これは銀行においては銀行カードローンが
総量規制対象外になると言う事実を話しているものです。

つまり消費者金融のような業者では総量規制により貸付上限を規制する一方で、
銀行ではその規制の対象外として業務が出来ると言うことが挙げられます。

銀行カードローン総量規制対象外と言うのは特例扱いです。
これは銀行以外の金融機関で高い金利で無理にお金を借りることが
ないように規制することを期待して作られています。
総量規制が始まったので連鎖的に借金を繰り返し、
返済に苦しむ人が増えてしまったからであると言うことができます。

銀行カードローン総量規制対象外については、銀行にだけ許された
特権と言うわけではありません。大きすぎる借金に
押しつぶされることがないように定められたのがこの法律なのです。
このことは忘れないようにしたいものです。

COPYRIGHT© 2014 銀行でお金を借りる ALL RIGHTS RESERVED.